ニュース

2021年7月12日
COFIニュース

学校施設において自然との調和を促進し、重要な役割を果たす木造空間

成城学園初等学校は「合わせ格子フレーム」を採用することで木立の中にいるような教室を実現

 

カナダ林産品の普及活動を行う非営利業界団体カナダウッドジャパンより、学校施設の木造化の事例をご紹介します。

 

文部科学省が2020年12月に発表した「公立学校施設における木材利用状況に関する調査結果について」によると、2019年度(令和元年度)に新しく建築された全ての学校施設823棟のうち、508棟(61.7%)で木材を使用しており、そのうち木造施設は186棟(22.6%)、非木造施設のうち内装木質化を実施した施設は322棟(39.1%)となり、学校施設でも木材利用が進んでいます。

2021年7月1日
COFIニュース

2x4美味しいおうち時間満喫キャンペーン

カナダ林産業審議会(COFI)では、「2x4美味しいおうち時間満喫キャンペーン」を展開中です。

ツーバイフォーの特長を説明したアニメを観てクイズに答えると、カナダの美味しいギフトが抽選で当たるキャンペーンです。
みなさまのご応募をお待ちしております。
貴社のお客様へもどうぞ拡散してください。

応募期間:~2021年8月12日

ご応募はキャンペーンサイトから

2021年6月16日
COFIニュース

最新動画をアップしました「ツーバイフォーの倉庫と工場」

倉庫(ダイリFPC)

倉庫や工場は鉄骨造が主流でしたが、ツーバイフォー工法で木造でも建設することが可能です。

耐震性が高く安全な建物を柱のない大空間で実現できます。

さらに建設費も低減できることからツーバイフォーの倉庫や工場の施工事例が増えてきています。

動画で徳島県の倉庫と工場の事例を紹介しています。こちら(YouTube)からご覧ください。