洛和ヴィラ文京春日

建物外観1建物外観3建物外観21F地域交流スペースユニット内共同生活室1ユニット内共同生活室2

~都心部における新しい特養のかたち~
東京ドームにほど近い都心に建てられた特別養護老人ホーム。ユニットケア個室定員111名、従来型多床室定員17名のこの大型特養は、実は地下1階と地上1階の鉄筋コンクリート造の上に、木造を三層重ねた4階建ての建物です。地価の高い都市部の敷地を最大限に生かしながら、木造の居住性の良さ、建築費や税金の削減効果など、木造のさまざまなメリットを享受できます。このような木造と鉄筋コンクリート造との混構造の建物は、都市型特養の新しい形として注目されています。
<写真:太田拓実 提供:(株)メドックス>

洛和ヴィラ文京春日

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 東京都文京区
構造: 地下1~地上1階 RC造、地上2~4階 枠組壁工法(木造耐火構造)
敷地面積: 2137.47㎡
建築面積: 1580.85㎡
延床面積: 5370.23㎡
設計: 株式会社メドックス
施工: 白石・ヤマムラJV
竣工: 2017年 3月
施設定員: ユニットケア111名、従来型17名(合計128名)