明治清流苑(特養)

丘陵地にふっと現れる。ただよう品のよさにだれもが目を奪われてしまう。南フランスのリゾートホテルを思わせる佇い。

2006年に明治清流苑が開所したとき、通りかかった人々の多くはこの建物が特養ホームとは想像できませんでした。風車のように十字の形をした全景、アーチ型をあしらったバルコニー、真ん中に丸窓をあしらったセンターホール。木造建築ならではの”あたたかみ”が外観からもにじみ出ているかのようです。玄関から中に入ってみる。和洋折衷の内装に落ち着いたインテリア。 光と影のコントラストによる安心感。

そして、どこにいても吹き抜けていくここちよい自然の風。屋内には外観の印象をさらに超える、自然素材がもたらす癒しの住環境が整えられていました。従来の養護施設にイメージを大きく覆した明治清流苑。そこで生活する方々、働く人々が五感で受けとめている幸福感を探ってみます。

明治清流苑

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県大分市
構造: 1・2階/枠組壁工法(木造耐火構造)、地階/RC造
敷地面積: 6931.84㎡(2096.88坪)
建築面積: 2039.03㎡
延床面積: 4469.23㎡(1階/2003.04㎡、2階/1798.33㎡、地階/667.83㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 安藤建設(株)
竣工: 2006年 6月
施設定員: 特別養護老人ホーム(定員47名)、ショートステイ(定員13名)
設計期間: 2004年 12月 ~ 2005年 11月
施工期間: 2005年 11月 ~ 2006年 7月

インタビュー

地震速報?えっ本当?

安東 斉和さん(ケアスタッフ)
1ユニットは利用者10名、スタッフ5名という配置。
1ユニットは利用者10名、スタッフ5名という配置。

「僕の実家はいわゆる“建て具屋”なんです。ですから子どもの頃から木造の建築現場とかよく見てました。2005年の11月からこの建物の工事がはじまったのですが、僕も仕事の傍ら気になって、まだ建材むき出しのフレーミングの段階から建築中のようすを垣間見てきました。自分にとっては目になじんだ光景というか、ふつうの家みたいな感じで、施設を建ててるとは思えませんでしたね。僕個人としても木造が好きですし、相談員として自信をもってご家族の方にこの施設の物理的なメリットと、感覚的なここちよさを説明しています。」

明治清流苑に配属になる前に、同グループの他の施設で約10年仕事をされてきた安東さん。初めてツーバイフォーで建てられたこの“家”がもつ特性を、ケアのプロの立場から冷静に捉えています。

「まず誰もが感じるように床が柔かいんですね。働く健常者の立場としても足腰は確かに疲れにくくなりましたよ。あと、強い風雨の時に耳がツ~ンとならないんです。日常周囲にある音の響き方、伝わり方が鉄筋とはちがう。なんと言うか、音が丸いんです。さらに大きな要素として、想像してた以上に頑丈であること。たとえば地震が起きると、今ではすぐ速報が入ってきますよね。すると伝えられた震度ほどみんなほとんど揺れを感じてないんです。耐震性・耐久性の高さはツーバイフォーの特徴の一つだけれど、実際の揺れでその効果を実感できて何とも頼もしい感じですね。」

しかし、木造ゆえに手間がかかる一面があることを安東さんはしっかり指摘されます。「床がキズつきやすいので、イスや什器の移動は気を付けなければいけませんね。特につい引きずってしまうイスかな。あと軸組の在来工法といっしょで、寸法に若干の遊びがありますね。開所してそろそろ4年ですが、開きにくいドアとかでてきていて、すでに手直ししたりしています。まあ、どの手間も木造の家と共存していくためには常識の範囲ですけどね。これから年月が経って、全体的にどういう変化が起こって、それに対してどんなメンテナンスが必要になってくるか、注意していかなければいけませんね。」

日本は木の国でむかしから馴染みがあるのだから、いずれ木にもどるはず、と安東さん。介護のプロと建て具屋さんのご子息という両方の厳しい目をもって、これからも評価とご指摘をお願いします。