明治清流苑(特養)

丘陵地にふっと現れる。ただよう品のよさにだれもが目を奪われてしまう。南フランスのリゾートホテルを思わせる佇い。

2006年に明治清流苑が開所したとき、通りかかった人々の多くはこの建物が特養ホームとは想像できませんでした。風車のように十字の形をした全景、アーチ型をあしらったバルコニー、真ん中に丸窓をあしらったセンターホール。木造建築ならではの”あたたかみ”が外観からもにじみ出ているかのようです。玄関から中に入ってみる。和洋折衷の内装に落ち着いたインテリア。 光と影のコントラストによる安心感。

そして、どこにいても吹き抜けていくここちよい自然の風。屋内には外観の印象をさらに超える、自然素材がもたらす癒しの住環境が整えられていました。従来の養護施設にイメージを大きく覆した明治清流苑。そこで生活する方々、働く人々が五感で受けとめている幸福感を探ってみます。

明治清流苑

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県大分市
構造: 1・2階/枠組壁工法(木造耐火構造)、地階/RC造
敷地面積: 6931.84㎡(2096.88坪)
建築面積: 2039.03㎡
延床面積: 4469.23㎡(1階/2003.04㎡、2階/1798.33㎡、地階/667.83㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 安藤建設(株)
竣工: 2006年 6月
施設定員: 特別養護老人ホーム(定員47名)、ショートステイ(定員13名)
設計期間: 2004年 12月 ~ 2005年 11月
施工期間: 2005年 11月 ~ 2006年 7月

インタビュー

もう痛くない。帰りたくないよ、ここがいい。

Iさん 86歳

もうすぐ86歳のお誕生日を迎えられるIさん。数年前から足腰を弱くされ、いくつかの施設でデイケアやショートステイを断続的に利用してきました。明治清流苑には以前に3回ショートステイで訪れていて、そのときのいごこちのよさが忘れられず、3度めのショートステイから帰った3ケ月後に正式に入居することにしました。

「ここが気に入ったわけはいろいろあるけど、やっぱり1度目に来たときの最初の食べ物がおいしかったからだね(笑)。それに係の人もみんな優しくてすぐ来てくれるし、 部屋は広いしトイレも使いやすいし、何よりまわりを畑や自然に囲まれていて気持ちいいしね。でも以前は集合部屋にいたでしょ、わたしはみんなと集まって楽しく笑うのが 好きだから、個室になった今はちょっとさみしいかな。でも午前中に他の場所(ユニット)の人たちと一緒に過ごす時間があるから、そこで友だちをつくってるのね。」 編み物が趣味というIさん。終始おだやかな物腰でお話くださっていましたが、さりげなく重大な事実を伝えてくれました。

「実はここへ入居してから、立てるようになってね!歩行器を使って。以前は具合がよくなったためしなんてなかったから、今とても希望をもててます。もう痛くないの! 建物が木に変わっただけでこんなにちがってねぇ。他のどこにも帰りたくないよ、ここがいい(笑)。だって旅館みたいだしね。ここに来てる別な人なんて、係の人のことを “仲居さん”って呼んでるんだよ(笑)。