明治清流苑(特養)

丘陵地にふっと現れる。ただよう品のよさにだれもが目を奪われてしまう。南フランスのリゾートホテルを思わせる佇い。

2006年に明治清流苑が開所したとき、通りかかった人々の多くはこの建物が特養ホームとは想像できませんでした。風車のように十字の形をした全景、アーチ型をあしらったバルコニー、真ん中に丸窓をあしらったセンターホール。木造建築ならではの”あたたかみ”が外観からもにじみ出ているかのようです。玄関から中に入ってみる。和洋折衷の内装に落ち着いたインテリア。 光と影のコントラストによる安心感。

そして、どこにいても吹き抜けていくここちよい自然の風。屋内には外観の印象をさらに超える、自然素材がもたらす癒しの住環境が整えられていました。従来の養護施設にイメージを大きく覆した明治清流苑。そこで生活する方々、働く人々が五感で受けとめている幸福感を探ってみます。

明治清流苑

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県大分市
構造: 1・2階/枠組壁工法(木造耐火構造)、地階/RC造
敷地面積: 6931.84㎡(2096.88坪)
建築面積: 2039.03㎡
延床面積: 4469.23㎡(1階/2003.04㎡、2階/1798.33㎡、地階/667.83㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 安藤建設(株)
竣工: 2006年 6月
施設定員: 特別養護老人ホーム(定員47名)、ショートステイ(定員13名)
設計期間: 2004年 12月 ~ 2005年 11月
施工期間: 2005年 11月 ~ 2006年 7月

インタビュー

ヒザの水をまだ一度も取っとらんの。

Kさん 94歳
南向きで明るくて開放的、それでいて直射日光が当たらないウッドデッキは、皆さんも大好きななごみのスペース。建物全体として、光の明・暗のコントラストにメリ ハリをつけるよう意識した設計がなされている。
南向きで明るくて開放的、それでいて直射日光が当たらないウッドデッキは、皆さんも大好きななごみのスペース。建物全体として、光の明・暗のコントラストにメリ ハリをつけるよう意識した設計がなされている。

以前にいた施設でのこと。履いていたスリッパを車輪に引っ掛けてしまい、車いすごとひっくり返るというこわい経験をしてしまったKさん。幸い大事にはいたりませんで したが、先の生活に不安をかかえる精神状態になってしまったのは無理もありません。それから少したって、Kさんはショートステイでここ明治清流苑を利用する機会を得た のです。これがきっかけとなり、希望が開けました。Kさんは明治清流苑をたいへん気に入り、2010年の1月より晴れて入居となりました。94歳というご高齢でありな がら、Kさんは以前の鉄筋コンクリートの施設と比較して、木造建築のここちよさをしっかりとからだ全体で受けとめていらっしゃいます。

「ここへ初めて来た頃は歩行器を使っておったが、玄関に入ったとたんに床がやわらかくて歩きよかったんや。何かちがう、やっぱ板の間やなあ!って。今日は車いすやけ ど、車いすでも動きごごちがいいん。 そう、車いすでもな。いや、わかるんよ、何かちがう。ここは建物が十字のカタチをしておるけど、木のベランダでぐるっと一回りできるからええ。ぐるっと回って景色がいろ いろ変わるのを見るのが楽しくてな。ここへ来てから半年やけど、ヒザの水をまだ一度も取っとらんの。おかげで気持ちも明るくなったヨ!」

入居者の皆さんの中でもひときわ楽しそうなオーラを発しているKさん。目下の趣味はカラオケにトランプにテレビと、声高く笑いながらおしえてくださいました。