ナーシングホームはるかぜ(特養)

日本有数の温泉保養地、大分県別府市。海と山が近く、昔ながらの路地や家並みもたくさん残されているこの街の住宅街に『はるかぜ』は立地しています。一つの敷地に3棟ある施設の中で、左右シンメトリーで日本的な縦の格子をあしらったウッディな外観。

地球環境にやさしいCO₂の削減を目指し、木造耐火の2×4工法を採用。また太陽光発電システムを採用することにより建設コストの低減とランニングコスト低減の双方を実現しています。幅の狭い道路に接道する敷地に、いかにして”心地よい住環境”のユニットケアを作れるかをテーマにした4層(3階+ロフト)の建物 です。

『はるかぜ』の介護サービスの中で、ナーシングホーム(介護老人ホーム)としてユニットケアを行なっているこの建物は、2009年に新たにツーバイフォー工法によって建てられました。50床を擁し、癒しへの数々の工夫が施されたこの木の家で、介護をめぐるドラマはどのように進展しているのでしょう。皆さんの“五感の体験”をお聞きしました。

ナーシングホームはるかぜ

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県別府市
構造: A・C棟(両端 / 枠組壁工法 木造耐火構造)、B棟(中央部)・3階・ロフト / RC造
敷地面積: 1728.00㎡(523.63坪)
建築面積: 664.4㎡
延床面積: 2094.57㎡(1・2・3階各/649.54㎡、4階/145.93㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 森田建設(株)
竣工: 2009年 4月
施設定員: 定員50名 (1F/ユニット数×2(16名) 2F/ユニット数×2(17名) 3F/ユニット数×2(17名)
設計期間: 2008年 4月 ~ 2008年 8月
施工期間: 2008年 10月 ~ 2009年 4月

インタビュー

あ、陽ざしの反射かしら!

池田 妙子さん(ケアスタッフ)

「ここで働いて何気なく1年過ぎたけど、仕事からくる足腰の痛みは感じなくなりましたね。以前の鉄筋の建物のときはいつも足が疲れるから、いちばんはきやすい自分のシューズでやっていたんですが、今では普通のナースシューズでも疲れません。

夜勤のときは素足で歩くこともありますが、床がクッションになっているのがあらためてわかりますね。」

“木造建築物”と聞いて池田さんがまず連想するのは、太い柱のあるような“古い民家”なのだそうです。

「でもここの施設は柱や梁じゃなく、面を組み合わせて積み重ねて造られているんですよね?柔らかいんだけど面で囲まれてガッチリしてる感じを受けとめてます。あと鉄筋とちがうのは...あ、陽ざしの反射かしら!

建物の外も中も“陽の光が反射した光”の感じが、なんだかやさしくて温かみがあるんです。」

光の反射の微妙なちがいを感じる池田さんの繊細な感性、脱帽です。木が光におよぼす作用......人の五感の他に機械などで証明できるものなのでしょうか。