ナーシングホームはるかぜ(特養)

日本有数の温泉保養地、大分県別府市。海と山が近く、昔ながらの路地や家並みもたくさん残されているこの街の住宅街に『はるかぜ』は立地しています。一つの敷地に3棟ある施設の中で、左右シンメトリーで日本的な縦の格子をあしらったウッディな外観。

地球環境にやさしいCO₂の削減を目指し、木造耐火の2×4工法を採用。また太陽光発電システムを採用することにより建設コストの低減とランニングコスト低減の双方を実現しています。幅の狭い道路に接道する敷地に、いかにして”心地よい住環境”のユニットケアを作れるかをテーマにした4層(3階+ロフト)の建物 です。

『はるかぜ』の介護サービスの中で、ナーシングホーム(介護老人ホーム)としてユニットケアを行なっているこの建物は、2009年に新たにツーバイフォー工法によって建てられました。50床を擁し、癒しへの数々の工夫が施されたこの木の家で、介護をめぐるドラマはどのように進展しているのでしょう。皆さんの“五感の体験”をお聞きしました。

ナーシングホームはるかぜ

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県別府市
構造: A・C棟(両端 / 枠組壁工法 木造耐火構造)、B棟(中央部)・3階・ロフト / RC造
敷地面積: 1728.00㎡(523.63坪)
建築面積: 664.4㎡
延床面積: 2094.57㎡(1・2・3階各/649.54㎡、4階/145.93㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 森田建設(株)
竣工: 2009年 4月
施設定員: 定員50名 (1F/ユニット数×2(16名) 2F/ユニット数×2(17名) 3F/ユニット数×2(17名)
設計期間: 2008年 4月 ~ 2008年 8月
施工期間: 2008年 10月 ~ 2009年 4月

インタビュー

鉄筋だったらおそらく骨折してた...

板井 奈央さん(ケアスタッフ)

建物の第一印象を“旅館みたい”に思ったと板井さん。彼女自身がこれまで鉄筋コンクリートの建物で暮らした経験がほとんどなく、人の居住空間は木造が基本、という感覚をおもちです。

「やはり高齢者施設もだんぜん木造がいいと私は思いますよ。まず第一にいざ転倒したときのケガを最小限に軽減させてくれますから。私がはるかぜに勤務してからのこの3カ月間に、鉄筋だったらおそらく骨折していたにちがいない転倒事例がありました。

ところが、この建物の床ではあざだけで済んだんです。打ち身にもならなくてちょっと驚きでした。木って、“柔らかい”イメージ以上に素材として“軟らかい”んですね。それに夏は涼しく、冬は暖かく、エアコンに頼らなくていいんです。やっぱり木は落ち着きます。」

転倒が大事に至らなくて本当によかった、と板井さん。ホームが家庭のような環境になった分、自分も家族のようにかゆいところに手がとどくケアをしていきたいと締めくくりました。