ナーシングホームはるかぜ(特養)

日本有数の温泉保養地、大分県別府市。海と山が近く、昔ながらの路地や家並みもたくさん残されているこの街の住宅街に『はるかぜ』は立地しています。一つの敷地に3棟ある施設の中で、左右シンメトリーで日本的な縦の格子をあしらったウッディな外観。

地球環境にやさしいCO₂の削減を目指し、木造耐火の2×4工法を採用。また太陽光発電システムを採用することにより建設コストの低減とランニングコスト低減の双方を実現しています。幅の狭い道路に接道する敷地に、いかにして”心地よい住環境”のユニットケアを作れるかをテーマにした4層(3階+ロフト)の建物 です。

『はるかぜ』の介護サービスの中で、ナーシングホーム(介護老人ホーム)としてユニットケアを行なっているこの建物は、2009年に新たにツーバイフォー工法によって建てられました。50床を擁し、癒しへの数々の工夫が施されたこの木の家で、介護をめぐるドラマはどのように進展しているのでしょう。皆さんの“五感の体験”をお聞きしました。

ナーシングホームはるかぜ

用途: 特別養護老人ホーム
所在地: 大分県別府市
構造: A・C棟(両端 / 枠組壁工法 木造耐火構造)、B棟(中央部)・3階・ロフト / RC造
敷地面積: 1728.00㎡(523.63坪)
建築面積: 664.4㎡
延床面積: 2094.57㎡(1・2・3階各/649.54㎡、4階/145.93㎡)
設計: (有)吉高綜合設計コンサルタント
施工: 森田建設(株)
竣工: 2009年 4月
施設定員: 定員50名 (1F/ユニット数×2(16名) 2F/ユニット数×2(17名) 3F/ユニット数×2(17名)
設計期間: 2008年 4月 ~ 2008年 8月
施工期間: 2008年 10月 ~ 2009年 4月

インタビュー

家族の方と家で一緒に介護してる感覚です。

古閑 美子さん(ケアスタッフ)
「木の建物は、部屋や共用スペースに季節の風物詩を飾りたくなる気持ちにさせる。」と古閑さん。
「木の建物は、部屋や共用スペースに季節の風物詩を飾りたくなる気持ちにさせる。」と古閑さん。

「フツウの家が建つのかな?」......建築中の様子を見ていた古閑さんは、個室がどんなふうになるのか楽しみでした。

「私は育ってきた家も学校もみんな鉄筋の建物で、木造の体験なんておばあちゃん家くらいなんです。その思い出からすると、木の家は広くて、窓を開けると風が入ってきて涼しくて、寝っころがってごろごろできて...というイメージ。実際にこの木造が新しい職場になってまず感じたことは、やっぱりおばあちゃん家と同じで風がよく流れて、それで何よりうれしいのは、施設臭さが飛んでいってくれてることなんです。」

この仕事に就いて9年近くになる古閑さんですが、施設ならではの臭いが気になるのは今も変わりません。以前はお香を焚いていたこともありました。

「臭いがなくなったら気持ち的にせかせかしなくなり、前よりゆったりしたペースで仕事ができるようになった...かな(笑)。集団からユニットケアに変わって担当する人数が少なくなったせいもあるけど、たしかに以前より一人ひとりとゆっくり向き合って対応するようになったと思います。それにつれて家族の方々とコミュニケーションをとる機会も増えて、なんか、“家で一緒に介護してる”という感覚になっています。」

最後に古閑さん自身の身体の疲れも軽くなったと加えてくださいました。