グランダ鵠沼松が岡(有料老人ホーム)

海風をかすかに感じる高級住宅街の中を歩くと、雑木林が目に入ると同時に見えてくるのがグランダ鵠沼松が岡です。「隠れ家的リゾートのような安らぎと心地よさに満ちた住まい」をコンセプトに、敷地内にもともとあった塀・樹木は極力残し、屋敷林が生い茂る閑静な高級住宅地の景観に溶け込むような施設としました。周りの邸宅と比べても高級感を漂わせながら、かといって決して威圧的でもなく、突出した違和感も醸し出さない調和性は知識人の別荘を彷彿とさせます。

内装はモダンでありながら木質感を要所に出し、光・風などを多く取り入れ、入居者が湘南の豊かな自然環境を感じられるようにしました。一歩中に入れば、まず足が違いを感じます。木造ならではの床の優しげな感触。そして、生け花やネームプレートなど、そこかしこに「和」のイメージが活かされ、その統一感が落ち着きを生んでいます。開設後1年。四季の移ろいを一巡りしたグランダ鵠沼松が岡の働き心地を聞いてみましょう。

グランダ鵠沼松が岡

用途: 有料老人ホーム
所在地: 神奈川県藤沢市
構造: 1・2階枠組壁工法 木造準耐火構造、地階RC造
敷地面積: 2908.01㎡
建築面積: 2242.33㎡
延床面積: 2242.33㎡(1階/1088.87㎡、2階/1088.56㎡、地階/64.90㎡)
設計: 日土地綜合設計(株)
施工: (株)ヤマムラ
竣工: 2009年 2月
施設定員: 定員58名
設計期間: 2007年 3月 ~ 2007年 7月
施工期間: 2008年 7月 ~ 2009年 2月

インタビュー

ご家族の方が面会に来る回数も増えました。

池田 恵さん(スタッフ)

「一目見ただけで、その笑顔がお客様の安らぎになっているだろうとすぐに想像できる5年目の若手スタッフである池田さんは、永原さんのお話にも出てきた、江の島からの引っ越しとともにこの施設に移ってきました。

「以前いたところは、お客様はワンフロア3人なんですが、階数があったので、ひとつの階に必ずスタッフがひとりいることができないこともあって、見守りが難しかったですね。でも、ここでは、2階建てですからフロアごとに人がいるのでこちらとしても安心できます。」

特に、池田さんがグランダ鵠沼松が岡で強く感じたのは、明るさだと言います。

「前の施設に比べて、明るさは全然違いますね。日当たりがいいというか。明るいと気分的に働きやすくなりますし、入居者さんたちもその違いは感じておられると思います。ご家族の方が面会に来る回数も増えました。」

前の施設では夜勤が怖かったと言う池田さんですが「こっちではそれがないですね」と笑顔。スタッフ自身も安心を手に入れて、これからもバリバリ活躍してくれそうです。