ニュース

2017年7月10日
業界ニュース

「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(クリーンウッド法)におけるカナダ産の木材の合法性

「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(平成28年法律第48号、クリーンウッド法)では、原材料となっている樹木が我が国又は原産国の法令に適合して伐採されたことを証明する書類を収集することが木材関連事業者に求められます。

カナダ産の木材の場合、伐採の合法証明書は比較的容易に入手できます。
また、カナダの森林は9割以上が公有林であるため、樹木を伐採する際の要件が細かく定められており、違法伐採が事実上不可能な制度が確立しています。

これらの内容を包括的に説明する資料を作成しました。カナダの樹木が法令に適合して伐採されていることをご確認いただけます。
詳しくは添付資料をご覧ください。

 

2016年3月14日
業界ニュース

6階建て実大実験棟が完成

完成した6階建て実大実験棟

日本初の木造6階建ての建築物が竣工を迎えます。この建物は、国立研究開発法人 建築研究所と一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会の共同研究のもと、同研究所敷地内に、ツーバイフォー工法で計画された実大実験棟施設で、国土交通省平成26年度木造建築技術先導事業に採択されました。ツーバイフォー工法による6階建てを実現するには、次のことが必要となります。
●1~2階部分でより高い構造強度や耐火性能を有すること
●高層化にともない、より高い耐風圧、水密性能、耐震性能等を有すること

2015年4月15日
業界ニュース

【新聞記事】「ツーバイフォー工法発展の歴史と今後の展望」座談会

(一社)日本ツーバイフォー建築協会関西支部主催の座談会「ツーバイフォー工法発展の歴史と今後の展望」がこのほど関西大学にて開かれました。

ツーバイフォー工法はオープン化から40年を経て、耐震・耐久・耐火性などの優れた性能が評価され、全住宅シェアの12.5%を占めるまでになりました。

(産經新聞 2015年4月1日)