林産物に関する日米加3カ国協議への対応

1985年1月の日米首脳会議でMOSS協議が開始されることになりました。MOSSとはMarket-Oriented Sector-Selectiveの頭文字で、建築基準の改正・合理化、関税引き下げ、JAS規格の改正を目標にしていました。1989年第16回日米貿易委員会(ハワイ)、1989年11月から1990年3月まで5回にわたる林産物専門家会合(技術的協議)を経て、1990年10月「木材製品に関連して日本政府が講じる措置(MEASURES)」について日米間で合意され、第1回日米林産物小委員会がワシントンで開催されました。その結果、1990年11月、日米にカナダを加えて3国間の第1回日米加建築専門家委員会(BEC: Building Experts Committee)と日米加JAS技術委員会(JTC: JAS Technical Committee)が東京で開催され、以降、毎年で開催されています。