中層・大規模木造建築物への取り組み

日本の「公共建築物等木材利用促進法」が施行された2010年10月1日よりも前にカナダのブリティッシュコロンビア州では、州政府が発注する建築物は、必ず木造とする検討を経なければならないとする"Wood First Act"という州の法律が2009年10月29日に成立しました。これより前の2009年の1月にはブリティッシュコロンビア州の建築基準が改正され、木造住宅の階数は4階までという制限が階数6に緩和され、同年4月6日に施行されています。これらの行政側の誘導策に応えるように建築されてきた中層・大規模木造建築物のカナダでの事例をセミナーなどで日本の皆様にご紹介してきました。一方、カナダ林産業審議会では日本における取り組みにも参画しています。2011年度から2013年度にかけて建築研究所ですすめられてきた「木材の利用促進に資する中層・大規模木造建築物の設計・評価法の開発」への委員会参加などがその例です。さらに2012年度は日本ツーバイフォー建築協会と共同の技術課題として「ツーバイフォー工法による中層建築物を可能にする構造システムに関する考察」に取り組みました。