インタビュー(福祉関連)

2009年 8月
日経ヘルスケア 

グリーン建築(Green Building)の目指す木造耐火建築(2x4)―事例からの考察―

地球環境問題への関心の高まりから、建築分野においてもCO2を削減するための努力が求められている。吉高綜合設計コンサルタントの吉高久人氏は「大気中のCO2を固定した木材を利用する木造建築はグリーン建築として注目を集めている。廃木材のリユース・リサイクルだけでなく、資材の生産や建設過程でも木造建築はCO2の発生を抑制できる優れた建築方法である」と強調する。

2009年 7月
日経ヘルスケア 

カナダ視察から考察する木造耐火建築の未来

高齢化の進展に伴い、「高齢者の住まい」の解決策が求められている。その一助となるべく、カナダ林産業審議会SPFグループ(COFI)では08年11月に「木造高齢者福祉施設 カナダ視察研修」を実施。

ツーバイフォー工法の木造耐火建築物を中心に、様々な施設や住宅の視察に参加された井上氏と石垣氏のお二人に、カナダの現状と日本の今後について語っていただいた。

2008年 12月
 

カナダの高齢者施設/高齢者住宅

今回、COFI主催のカナダ高齢者施設見学ツアー(2008年10月)に参加して感じたこと や興味深かった点を、わが国の高齢者施設やケアを調査研究する立場からまとめた報告書より、要約したものを以下に紹介する。

2008年 11月
日経ヘルスケア 

木造耐火建築による高齢者施設

これからの福祉施設には、環境への配慮や人への優しさが求められる。その「答え」のひとつに、木造耐火建築による高齢者福祉施設がある。08年の春に開催されたCOFI主催の「木造耐火建築物研究セミナー」で、「環境」「コスト」「安全性」の視点から講演を行った一級建築士の吉高久人氏に、国内最大級の大規模木造耐火建築施設となった「明治清流苑」設計の経験と、木造建築の現状と可能性について話を伺った。

2008年 8月
日経ヘルスケア 

環境貢献で優しさをもたらす次世代を担う木造建築

これからの福祉施設には、環境への配慮や人への優しさが求められる。その「答え」のひとつに、木造耐火建築による高齢者福祉施設がある。08年の春に開催されたCOFI主催の「木造耐火建築物研究セミナー」で、「環境」「コスト」「安全性」の視点から講演を行った一級建築士の吉高久人氏に、国内最大級の大規模木造耐火建築施設となった「明治清流苑」設計の経験と、木造建築の現状と可能性について話を伺った。

ページ