インタビュー(福祉関連)

2010年 8月
日経ヘルスケア 

人材育成と、競争力のある経営に貢献する木造建築

介護の要となるのは、人材といわれています。しかし、賃金を始めとする待遇や、人事評価の妥当性の低さなどから人材不足が社会問題化し、人材確保は重要な課題となっています。その課題に役立つのが木造建築による職場環境の改善です。

2010年 7月
日経ヘルスケア 

「木の温かさを人の温かさに」を実現した木造建築

家庭の延長のような施設は、高齢者にとって「理想的な住まい」といえるでしょう。しかし、それを叶えるには様々なハードルがあります。人の温かさを引き出すことも、そのひとつ。「ナーシングホームはるかぜ」は、木造建築により、やさしい空間とスタッフや家族との温かな交流を実現した特別養護老人ホームです。理事長の矢野昌弘氏に、温かな施設づくりを可能にした秘訣を伺いました。

2010年 6月
本稿は日経ヘルスケア 

木造建築の優れた居住性が安定経営をもたらす

経済の停滞が長引き、競争の激化は福祉や医療の分野にも及んでいます。安定的経営を目指すには、選ばれる施設づくりとともに資金の調達が欠かせない要素となりました。独立行政法人 福祉医療機構は、国の社会福祉施設整備等の推進を担い、事業者へ様々なバックアップを行って民間活動を応援する独立行政法人です。融資を担当する中井孝之氏に、木造建築が持つ可能性と安定経営の秘訣について話を伺いました。

2009年 10月
日経ヘルスケア 

病院の人材確保に貢献 木造院内保育所

少子化が進む中、国の施策の柱ともなっている「子育て支援」。新日鐵八幡記念病院では、女性職員の希望から院内保育所「たけのこ」を開設した。今回は、新日鐵八幡記念病院の総務部長 藤田志朗氏と、設計を担当された辰巳住研株式会社 代表取締役 篠塚修氏に、病院経営において保育所が担う役割について語っていただいた。

2009年 9月
日経ヘルスケア 

2×4工法によるコスト削減で、安定的経営を目指す特養

住み慣れた地域で、普通に暮らしたいという願いを叶える場所として、地域密着型介護老人福祉施設が注目を浴びている。09年7月に特別養護老人ホーム「あいあいの郷」をオープンしたばかりの社会福祉法人成祥福祉会日比野浩之氏と設計監理者である大井幸次氏に、安定経営を可能にする施設づくりについて語っていただいた。

ページ