インタビュー(福祉関連)

2011年 12月
日経ヘルスケア 

環境と心地よさでツーバイフォー耐火木造建築が選ばれる時代

「平成22年度木のまち整備促進事業(」国土交通省補助金事業)として採択され、ツーバイフォー耐火木造建築として建設された特別養護老人ホーム「かざみ鳥」。そのメリットについて、施主の社会福祉法人善心会理事長 前田隆史氏と社会福祉法人遊々会理事長 前田計子氏、設計監理の吉高綜合設計コンサルタント 吉高久人氏に話を伺った。

2011年 10月
日経ヘルスケア 

高齢者住宅の事業戦略

株式会社ニコムは、老人ホームなど高齢者施設の設計をメインとする設計事務所で、1995年の設立以来、介護・医療関連の設計では80施設を超える実績があるほか、事業コンサルティングや経営支援も手掛ける。ベテランの設計士である藤嶋氏は、設計の視点から、ハードに重きを置いた高齢者施設の事業戦略を、事例を交えながら解説した。

2011年 6月
日経ヘルスケア 

地域包括ケアとこれからの木造の住まい

社会福祉法人たいよう福祉会(山形県東根市)は、2001年から株式会社タイヨウを設立し介護福祉事業に参入している。法人の理事長の安藤政弘氏は、2011年4月に開設した高齢者複合施設「ソーレケアヴィレッジ東根(」山形県東根市)にツーバイフォー方式を採用し、そのメリットを大きく享受している。

2010年 10月
日経ヘルスケア 

木造耐火建築『2x4・特別養護老人ホーム』の成果と課題

社会福祉法人永生会では、定員100人の特別養護老人ホームを分苑し、新たに50人向けのホームを建設した。コストを抑えつつ、暖かみのある木造建築にしたいという希望は、ツーバイフォー工法を採用することでかなえられ、高い満足度が得られている。理事長の児玉貞夫氏が課題を含めた経験談を語った。

2010年 9月
日経ヘルスケア 

変革の時代に対応する「新しい住まい」の構築

日本の高齢化社会には、大きな変革の波が押し寄せています。「地域包括支援センター」を目玉とする2012年の改正介護保険法では、「新しい住まい」のあり方をどう構築していくかが検討され、介護関係者はそれを受け止めて経営に活かしていかなければなりません。

ページ